スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増殖するあいつらについて

なんか圧倒的に増殖するGの検索が多く、最近レートも非常に上がっていますので、記事にしていこうと思います。


このカードを手札から墓地へ送って発動する事ができる。
このターン、相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、
自分はデッキからカードを1枚ドローする。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。
「増殖するG」は1ターンに1度しか発動できない。

まず、みなさんはこの効果を読んでどう考えますか?

自分が思うことは、「使いづらい」この一言に尽きます。なぜなら、デッキの加速を能動的に促せるわけではなく、相手に依存しており、ヴェーラーのようにチューナーでシンクロにつなげたりできるわけではないということを考えると、普通に強欲で謙虚な壺のようなどのデッキに入れても能動的に機能してくれるカードの方がわかりやすく強いです。

このカードが注目を浴び始めたのはまず海外が起点となっていると思われます。

・リボーンテングの登場
 このブログでも紹介しましたが、このカードの性能は以上です。このカードの登場により、海外ではテングシンクロなるものが流行し、特殊召喚を多用する環境が出来上がりました。
 
  *天狗の記事についてはこちら→Reborn Tenguの可能性…

・ツアーガイドの登場
 こちらもご存じ方が多いでしょう。今や海外では、レスキューラビットと手を組んで、恐ろしいデッキが出来上がっていますがwwこちらも特殊召喚を多用します。

こういった、特殊召喚を多用するカード達の登場が増殖するGをメインに投入する流れを生み出しました。


ツアーガイドの効果にチェーンする形で使えば1枚ドロー確定で、さらにエクシーズまでつなげれば、まだドローできる。
 相手がテングをフィールドに展開していれば、Gを投げつけて、天狗を除去することで強制的に特殊召喚させ、ドローへとつなげるなど、さまざまな使い方ができます。

そして、当然のようにサイドでの採用が増え、果てにはメイン投入という形になりました。


一方、日本では、増殖するGの登場は遅く、エクストラパックにノーマルレア(コナミはノーレアを認めていませんがw)として収録されました。

もう一枚のノーマルレアであるサイキックブロッカーは、個人的には面白いカードなんですが、一般的なデッキに入る汎用性がなく、打点の低さも相まって、せいぜい200~300くらいのレートになりました。逆に、増殖するGは800~900くらいのレートになるも、徐々に、需要が無くなり、400~500くらいまで下がりました。何よりも大きいのは、エクストラパック自体が、X-セイバーのカードが多く、そのX-セイバーの弱さの露呈、環境への対応力のなさが明るみになり、売れ行きが悪くなりました。

そんななか、天使と暗黒界が環境を制覇していくなかで、カラクリが注目を浴び、地味ながらも、ラギア、ジャンドやドラグニティの活躍などもありました。そこへ、ラヴァルの登場。特殊召喚多用の早い展開でゲームを終わらせる環境へとなっていきました。大嵐などもその要因となっています。

そしてスピードがある程度有るデッキでないと環境に対応していけなくなり、暗黒界が少なくなり、増殖するGが使われることが増えていきました。

そして、甲虫装機の登場。これによって完全に、環境のスピードが上がりました。

何よりも単に増殖するGを使えば強いというわけではありません。ドロー加速して意味のあるデッキ、且ハンドから相手の1killを防ぐカードの存在が必要となります。

そこで、注目を浴びたのがラヴァルです。

このデッキには、真炎の爆発という大量展開カードが存在します。これをドローすることで勝ちパターンへとつなげていきます。さらに、バトルフェーダーを投入することで、防御とさらにクェーサーまで狙うことができます。

そして、主に2名の方がラヴァルで結果を残し、名実ともに知られることとなり、増殖するGの値段が跳ね上がりました。今は1500は固いでしょう。


ただ、最初に述べたように難しいカードです。使いどころが特に難しいです。使うタイミングを主なデッキを相手に想定して、考えてみようと思います。


・VS天使
 なんといっても、創造の代行者ヴィーナス!こいつの効果発動にチェーンする形で発動するのがベストですね。
 TG型ならば、ワーウルフ効果にチェーンでもOKです。マスターヒュオペリオンチェーンにのらないので、こいつだけが厄介ですねw

・VS甲虫装機
 最近はリミリバが入ってるかたもありますので、そこは狙い目でしょう。基本的にはダンセルの特殊召喚する効果や、ギガマンティスをダンセルに装備して、それを破壊し、効果を発動する際に使うのもオススメです。
 ただ、基本的に、1kill展開でしかアドがとれないことや、展開しなくても強いといった面からあまり活躍できないでしょう。

・VSゼンマイ
 今や、ヴェーラーの流行でほとんどいなくなりましたが、このカードは前回も紹介したように致命的なカードとなり、1枚ハンデスする過程で3枚ドローできます。ただし、デッキをすべてドローさせるぐらいの展開力も有していますので、デッキ切れには注意。ヴェーラー等があるとなお結構です。

・VSラヴァル
 ラヴァルバルキャノン
 真炎の爆発
  この2枚に打てればベストですね。あとは難しいところですが、フレムベルドッグの攻撃宣言時などもあります。この場合は展開されたくなかったり、相手が展開するしか道がない時などにオススメです。

・VS暗黒界
 ベージの特殊召喚する効果ぐらいですね。絶妙。

・VSカラクリ
 簡易融合
 小町でモンスター召喚
 主にこの2点ですが、小町でモンスターを召喚してきた時に関しては、返しですべて蹴散らせるor展開されると厳しい時じゃないとオススメできません。

・VSBF
 ブリザード効果
 シュラアタック時

・ジャンド
 ジャンクシンクロン
 デブリドラゴン
 スポーア
 バルブ
 etc

・ライトロード
 ルミナス効果
 ウォルフ効果
 キャリア効果
 etc

・HERO
 バブルマン展開時
 ミラクルフュージョン
 
・ラギア
 レスキューラビット効果
 グアイバ攻撃時
 
・ドラグニティ
 ファランクス効果

・ガジェット
 代償+ガジェの時

そして、どのデッキのにもほとんど入っている死者蘇生とゴーズ。(ただし、ゴーズは相手が出さざるを得ないとい状況や、出されたくないという状況)

見る限りほとんどのデッキに発動するタイミングが存在するのですが、甲虫装機、ガジェ、HERO、BF、暗黒界は発動機会が少ないような感じがします。

甲虫装機環境となっていく中で、リミリバ型の1kill狙いの甲虫装機が減少している中で、あまり活躍できなのではと考えています。ただ、サイドとしては多くのデッキをメタれるという意味で優秀なカードだと思います。

 
スポンサーサイト
プロフィール

シュウ

Author:シュウ
遊戯王:バンダイのころからお世話になってます。


ブログのタイトルでたまにわかるようにアニメ・声優好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。