スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カエル帝考察

なんとなくカエル帝最近気に入っているのでw

1.帝の選択
 帝と帝っぽいどをあげてみると…
  氷帝
  邪帝
  炎帝
  地帝
  光帝
  闇帝
  風帝
  雷帝
  鳳凰
  砂塵の悪霊
  女帝ぇ…

 まずは、モンスター除去班
  砂塵の悪霊 邪帝ガイウス 風帝ライザー 地帝グランマーグ 雷帝ザボルグ…
  と上記のモンスターがありますが、やはり、本当にモンスターを除去したいと考えるなら、邪帝が一番。
  ただ、帝の対象範囲は1体なので、最近の大量展開系に対しては、砂塵の悪霊のほうが有効的でしょう。

  ここで、問題になるのが、風帝ライザー。このカードがモンスターを対象にする場合に無力なのは…裁きの龍、ダークアームドドラゴン(墓地に闇が2,3体の時)、カオスソーサラー、マスターヒュペリオン、大天使クリスティア(墓地が超えている場合)のような容易に特殊召喚できるモンスターをトップに戻しても、そのターンで1killにつなげれる可能性が低い帝では、返しのターンに再利用される場合が多いです。
  つまり、ライロや天使相手では、風帝はなるべく減らすということになるでしょう。

  そのほかのモンスター除去能力として、地帝は状況を選びますし、雷帝は邪帝より強いという場面がほとんどないと思います。また雷帝はレベル5でシンクロやエクシーズの可能性の幅も広がりますが、フォーミュラとのシンクロにつなげられる可能性は高くはないので、排除します。
  女帝は……

 伏せ(魔法罠)除去班
  氷帝メビウス、邪帝ガイウス、風帝ライザー、地帝グランマーグ、鳳凰…
  と上記のモンスターが上がりますが、やはり、水属性でアドの取りやすい氷帝メビウスは筆頭候補でしょう。風帝や邪帝は状況に応じて使えるので汎用性の面からも必須でしょう。地帝さんには…休暇でもww鳳凰に関しては、3伏せ以上の場合に氷帝より、効果の利点を得られます。また、鳳凰は表側表示のカードを割ることができません。さらに、水属性の氷帝のほうが、カエル帝では活用しやすいと思われます。

 その他
  炎帝、闇帝、光帝ですが、光帝に関しては、破壊対象選択→チェーン発動でアドをとっていくのが基本なので、その対象が黄泉や粋カエルくらいしかおらず、相性は悪いでしょう。また、闇帝に関してもD.D.クロウのほうが優先されるでしょう。炎帝に関しては、暗黒界が非常に脅威となります。
 
 よって、現環境で採用可能な帝は、邪帝ガイウス、風帝ライザー、砂塵の悪霊、氷帝メビウスとなります。

 そのほかで、面白いアドバンス召喚を利用するモンスターですが、光と闇の龍、カイザーグライダー、エンド・オブ・アヌビス、虚無悪魔、虚無支配者あたりでしょうか…
 メインからの採用圏内は光と闇の龍くらいでしょうか?他はサイドデッキで。何かお勧めあればご教授下さい!
  
 
2.カエルの選択
  魔知ガエル2
  鬼ガエル3
  黄泉ガエル2
  上記は固定でいきたいなと思います。黄泉ガエルに関しては、連鎖除外食らった時に、3枚あると手札確認されないという利点と、相手のD.D.クロウに対応してどんどんおとしていくという考えで、3枚採用もありかも知れませんが、事故率次第です。初手に黄泉ガエル3枚引いて鬼ガエルいないとww

  問題は粋カエル。よく見るのは、1枚採用ですが、今はランク2エクシーズにダイガスタフェニクスという1kill要素をもったモンスターがいます。帝にはそういう要素が少ないので、粋カエルを2枚にするこで8000ダメージに到達できる可能性が上がると思われます。さらに粋カエルはDEF2000とそれなりのステータスも持ち合わせております。なので、2枚採用しようと思います。

3.罠の採用
  とにかく伏せカードは邪魔になる可能性が高いです。したがって、できる限りフリーチェーン要素や発動タイミングが緩いものがいいです。なので、普通のデッキなら固定で入りそうな神の警告、神の宣告、奈落の落とし穴、聖なるバリアミラーフォースetcはタイミングが重要ですので、採用を控えたいと思います。
  また、ダスト・シュートに関しては、使えない状況でもフィッシュボーグのコストにするという選択肢もありますので、採用していきたいと思います。

4.魔法の採用
  基本カードの採用はしますが、ハリケーンに関しては、微妙です。ハリケーンを使うことで、残るのはモンスターのみ。ヴェーラー等がメインから存在する現環境でアド損になる可能性が高いので、不採用になりそうです。
  後は、余裕があれば、強欲で謙虚な壺を採用したいと思います。黄泉ガエルと相性は悪いですが、帝を引けないことには始まりません。また逆に生贄要員も同様です。要は組み合わせです。なので、強欲謙虚は採用圏内だと思います。

5.サイドデッキの考察

  現環境のTOP3と言っても過言ではないデッキに対しての対策などを考えて行きたいと思います。
  
   ・六武衆
    真六武衆の登場で、大きく環境トップに躍り出たデッキですが、カエル帝は相性が比較的にいいです。なぜなら、相手は、魔法罠を止めようと、一生懸命シエンを立ててきます。それに対し、基本モンスター効果で攻めるカエル帝は神の警告2枚に神の宣告のようなバックがない限り、優位に闘えます。
    しかし、問題は2戦目です。カエル帝としては、サイドからパペットプラントを採用していきたいところですが、今の六武衆は間違いなく、サイドから裂け目を用意してきます。裂け目下では、パペプラが腐るだけではなく、墓地を利用するカエルまでも死んでしまい、不利になります。そこでぱ、パペプラを通すためにも、裂け目を破壊するカードが欲しくなるわけです。
    相手の思考回路レベルに依りますが、帝相手に聖杯を打っても打点で負けるので、おそらく積んでくることはないでしょう。したがって、伏せを破壊するモンスターがお勧めされます。そこで候補に挙がるのは、魔導戦士ブレイカー、ドッペルゲンガー、ライトロードハンターライコウetcですが、一番汎用性が高く、読まれにくいのはライコウでしょう。六武衆は伏せモンスターに敏感です。パキケやサイファースカウターを予想して攻撃しない可能性があり、反転効果からのいけにえ帝の流れは美しいでしょう。
    デモンズチェーンや、六尺瓊勾玉、に関しては、砂塵の大竜巻あたりが有効でしょう。邪災はシエンで止められる可能性が高いので、六武衆相手では微妙です。
    
    また、六武衆相手では、粋カエルや魔知ガエルがまともな壁にならないので、1枚ずつ抜かしたいところです。クロスソウルも止められるので、パペプラへと変更で。
    基本的に六武衆相手には有利なはず。

   ・デブリジャンド
    メインからヴェーラーというメタカードが入っているので、それが非常につらいです。そこで、対策としては、マインドクラッシュや水霊術。また、相手の動きを遅くして、長期戦に持ち込めれば、相手のほうが先にヴェーラーが切れると思います。なので、D.D.クロウ、ヴェーラーが必須でしょう。
    相手もD.D.クロウ、カイクウ、連鎖除外などを投入してくると思うので、異次元からの埋葬や、こちらもカイクウ等が考えられます。
サイドからの虚無悪魔や光と闇の龍で制圧することができれば勝ちにつながると思います。基本的に伏せカードはリミリバ等のフリーチェーン系が多く、モンスターも展開する時としない時の差が激しいので、バトルフェーダー→砂塵の悪霊は効果を発揮するかもしれません。ただ、伏せが少ないデッキですので、明らかに攻められやすいです。

   ・代行天使
    一番やりづらいかと思います。何よりも天敵である大天使クリスティアを出されて、聖槍なんか伏せられたらほとんど試合終了ですwクリスティアをメインからできるカードはクロスソウル、ブラックホール、入れば激流葬くらいのものです。サイドから、月の書、次元幽閉、爆風が必要でしょう。奈落や神の警告はタイミングを計る必要があるので排除したいと思います。
    後は、守りのモンスターでしのぐという手段もあります。戦闘破壊耐性のあるモンスターとして代表的な魂を削る死霊やマシュマロンを始め、レプティレスナージャ等もいいかもしれません。ただ、闇の誘惑をメイン投入することを考えると、死霊か、ナージャあたりでしょうか。
    さらに代行天使がやりづらい理由として、朱光の宣告者の存在とマスターヒュペリオンがあります。朱光の宣告者はこちらのヴェーラーさえも止めることができ、帝も止められます。また、先ほど述べた戦闘破壊耐性を持つモンスターたちもマスターヒュペリオンの前では、効果破壊であっさりやられます。しかも打点が2700あり、風帝では召喚条件の緩さから、再利用される可能性が高いです。
    したがって、風帝は減らす方向で、代わりに虚無魔人あたりがいいかと思います。宣告者の影響を受けませんし、相手の展開を阻止できます。クリスティアを考えるとゴーズもoutかもしれません。


とまあ、こんな感じで簡易的な考察を終了したいと思います。

 かなり雑ですので、誤字脱字、考察の矛盾やもっといい方法などがあると思いますが、よろしければアドバイスなどありますとありがたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シュウ

Author:シュウ
遊戯王:バンダイのころからお世話になってます。


ブログのタイトルでたまにわかるようにアニメ・声優好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。