スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水精鱗

最近かなり、流行しているようで、第8回ガジュマルの木争奪戦でも最も多くみられたデッキでした。

まわし方について話して行こうと思います。


1.水精鱗ってどんなやつら? 

一番高価なカードであるメガロアビス。
 メガロ

 割と特殊召喚するにはそれなりのコストが必要とされるかのように書かれていますが、それも海皇シリーズを利用することで、ノーコストで特殊召喚することさえ可能です。そして何よりも、次に書かれている2回攻撃の効果。これが相手に致命的なダメージを与えることとなります。意外と知らない人が多いのが、表側攻撃表示じゃないとリリースできないこと。だから、こいつの横にモンスターを並べるときは表示形式を考えないとリリースできなかったりする。たまに、守備表示のやつをリリースしてこようとする人がいるがその時は、「日本語も読めないんですか?^^」と煽りましょうw

 水精鱗の基本ともいえるリクルーター。
1l.jpg

 このリクルーターの強力な点はあらゆる破壊に対応していること。そして、サーチ対象に制限がないことです。つまり、メガロアビスでさえ特殊召喚できるわけです!いきなり2400打点が出てくるわけですから相手にとっては厄介です。激流葬やミラーフォースを無視して突っ込める1500打点。これだけでもガジェ単体には無敵ですねw
 問題点は、タイミングを逃す効果であるということまあ、めったにありませんがw)召喚時サイクロン→激流葬etc 
そして奈落やブラックコーンで処理されること。ここらへんは頭に入れておくと相手の動きを促して展開をリードするなんてことも可能です。
 単純なことですが1ターンに1度しかこの効果は使えません。複数場に出すことや、アビスフィアーとの併用は気を付けましょう。

海皇シリーズその1

 龍期待

 海皇のストラクで新規カードとして登場したカードの一枚。なんといってもサーチ範囲が広く、主に、ディーヴァ、メガロアビス、ムーラングレイスをサーチします。また、一つ目の効果もいやらしく、ゴーズやトラゴを超えてダメージを与えたり、次のターンに致命的な状況や残りわずかのライフポイントを刈り取るのにいい働きをします。また、なんといっても狙撃兵で呼ぶことのできる汎用的なカードであることも評価できます。

海皇シリーズその2


SD23-JP003_convert_20121109003048.png

 かなり強力なモンスターであり、ディーヴァのサーチ先が大概といっていいほどこいつとなります。なによりも相手に戦闘ダメージを与えるだけというかなり緩い効果から、アドを生み出す能力。さらには、障害が何もなければ、こいつで竜騎隊を持ってくるだけで3200ダメージです。この3200ダメージは後程紹介しますがかなり重要な要素となってきます。また、第2の効果として、セットカードを破壊する効果を有しています。これが厄介なのが、ウンディーネやアビスパイクによって誘発されるときです。これについてはアビスイクのほうで紹介しようと思います。

海皇シリーズその3

201206171131359e9.jpg

 海竜の召喚権を増やす効果と表側のカードを破壊する効果を持っており、特に召喚権を増やす効果がディーヴァと抜群の相性を発揮し、さまざまなシンクロやkillパターンへとつながります。表側を破壊する効果は超えられない打点処理や、killに邪魔なモンスター除去に使うことが一般的で、まれに、スキルドレインなどを割るなんてことも昔はありましたが、最近は対策が考慮され、裂け目やソウルドレインといったこいつでは破壊不能な永続魔法罠に遭遇することが多いので、基本的にモンスター除去用になるでしょう。




 デッキを回し圧縮する水精鱗
card100006132_1.jpg

 1ターンに一度という制約にさえ気を付ければ、攻め手の殿(しんがり)的存在となってくれるカード。このカードに除去を打たせれば、こっちのもの。基本的に、狙撃兵をすてウンディーネor狙撃兵をサーチします。このカードの動きのなかで、伏せを除去しつつ、本命であるメガロやディーヴァを通していきます。アビスリンデからの特殊召喚においても効果が対応しているので、相手ターンに伏せ除去や、モンスター破壊をこなしてくれるので、1kill防止にもなります。




 水精鱗最強の防御であり攻撃への布石
46b3c96046276fbcde14257ebe740907_C480.jpg

 このカードをうまく使いこなせるかどうかで最強から最弱まで様変わりするといっても過言ではありません。まず、防御面としての機能はなんといっても相手の伏せ破壊であるサイクロンなどにチェーンすることで、アビスリンデを特殊召喚。そして破壊されリンデからスパイクやメガロを特殊召喚することで相手にとって予想外の壁+アド損を出現させます。また、このカードと一緒に伏せることで、大嵐に対しての恐怖が薄くなります。このカードの存在が大嵐のケアにもつながります。ましてや、サイクロンしか持っていない場合には、サイクロンの発動は天国地獄の分かれ目でしょうw
 単純に相手の1killの攻めに対して発動し、壁としてリンデ→メガロを出現させるだけでも大きなkill防止につながります。
 攻めにつなぎたいときは、相手のメインフェイズ2終了時に発動し、リンデを特殊召喚。エンドフェイズに自壊し、スパイクを特殊召喚し、狙撃兵を捨てることで疑似サイクロンの役割を果たします。よく忘れがちですが、リンデがいない場合や、自分のターンに発動する場合にあることなのですが、このカードは得召喚するモンスターの効果を無効にするだけで、発動は可能です。つまり、アビスパイクを特殊召喚すればコストを捨てることができ、海皇の効果の発動を促すことができます。
 また、これもよくみられることですが、魔法カードが発動できないことを忘れがちな人がいます。どちらの側でも損することが多いので、忘れないように!自分が使わないからと言って無視していると相手が平然とアビスフィアー発動状態で、貪欲やサルベージなど発動してくるので気を付けましょう。
 自分のターンに使う場合として、ほかに、メガロアビス+メガロアビスでビッグアイというパターンや、最後のとどめに使うパターンなどいろいろありますが、ここら辺の話は自明なことなのでその状況になれば自ずとわかるでしょう。


2主なまわし方
 序盤はできる限り、ウンディーネで手札を整えることから始めます。しかし、必ずしもウンディーネがあるわけではないので、アビスパイクでウンディーネをサーチ。もしくはアビスリンデからアビスパイク、そしてウンディーネ。etcこの過程のなかで伏せを除去していきます。また、下記のkillパターンに行ける状況が整えば攻めるチャンスです。

3killパターン

 フィールドにアビスパイク、ハンドにディーヴァ、ディーヴァ
 アビスパイク+ダイガスタ+ディーヴァ+狙撃兵+竜騎隊 これで、ジャスト8000
 さらにガガガガンマンまでだせるので、足りないときはこれでひと押し。

 フィールドにメガロアビス、ハンドにディーヴァ
 メガロ×2+狙撃兵+竜騎隊でジャスト8000
 
 主なものがこうなります。わかるようにディーヴァが非常に重要です。

 また、ディーヴァが2枚以上絡むパターンのときに覚えておきたい立ち振る舞いがドゥローレンを作るということ。
 
 例)ハンド、ディーヴァ2枚
  ディーヴァ、重装兵、ディーヴァ、狙撃兵、竜騎隊まで展開し、ディーヴァと竜騎隊でドゥローレンを作る。そして残りの3体をバウンス。これだけで2アドw次につなげることができます.

また、アビスフィアーをとディーヴァの相性も抜群です。
 
 例)伏せにアビスフィアー、ハンドに狙撃兵、ディーヴァ、相手が1伏せでエンドしてきた場合。
   メイン2にアビスフィアー→リンデ特殊召喚→エンドフェイズ自壊→スパイク特殊召喚→狙撃兵捨てる→伏せ破壊→ディーヴァ召喚→狙撃兵サーチ→全員でダイレクト→メイン2でスパイクとディーヴァでドゥローレン→狙撃兵、竜騎隊、アビスフィアーをバウンス
   結果 消費 アビスフィアー、狙撃兵、ディーヴァ
      獲得 ドゥローレン、狙撃兵、アビスフィアー、竜騎隊+5000ダメージ

   また、ディーヴァに対して増殖するGをもらった場合も、サーチを狙撃兵からディーヴァに変えることで、もう一度チャンスをつくることができ、トラゴやゴーズが危険な状況であれば、ドゥローレン単体で残せばOK。
   ここで、ドゥローレンの場もちが悪いので、ミラーフォースが非常にイケメンになってきますw


4.注意したいこと

 よくやりがちなミス
  アビスフィアー発動中に魔法発動

  アビスフィアーと一緒にリンデをセットし、アビスフィアーでリンデをもってきてどちらの効果も使おうとすること

  メガロアビスで守備表示のモンスターリリース
                             
  アシッドゴーレムの素材として狙撃兵をスタンバイにはずして効果
               
                         …etc

 まあ、2度目の注意書きや、アシッドゴーレムとか入れないだろうからそこまで心配することでもないかもしれません。


 問題は増殖するG。
  これをもらった時の立ち振る舞い。特にディーヴァ。おとなしくガチガチガンテツにいったり、重装兵をそのまま放置もしくはカタストル。
  ディーヴァ以外の場合は基本的に動かないですね。

 ライオウ
  意外と厄介なカード。ウンディーネ、アビスパイクが効果の発動自体ができないので、リンデからメガロ、アビスフィアーからメガロで殴るや、ディーヴァからガチガチで誘うぐらいしかメインはありません。


 次元系
  張られると基本的につらいですwディーヴァ以外はみんな元気なくなるので。
  サイドに砂塵などは必須でしょう。


とまあ、基本的なことについてかきました。何か質問などあればコメントどうぞ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

リンデは「破壊された場合」だからタイミングをながさないのでは?
上記のコンボは素晴らしいですね。今度使わせてもらいますww

Re: No title

> リンデは「破壊された場合」だからタイミングをながさないのでは?
> 上記のコンボは素晴らしいですね。今度使わせてもらいますww

そうですねw

アビスパイクと勘違いしていました。シュラでリンデアタック→シュラ効果チェーンリンデ効果。これでアビスパイクを出すと、タイミングを逃します。お気をつけください。
プロフィール

シュウ

Author:シュウ
遊戯王:バンダイのころからお世話になってます。


ブログのタイトルでたまにわかるようにアニメ・声優好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。