スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁止制限

お久しぶりです。

禁止制限が禁止のみ確実に判明しましたね。おそらく、変更はこれだけだと思うのですが、もしかすると、制限準制限の追加があるかもしれないとする見方をしている人もいますね。そこらへんは19日になればすべてが判明しそうです。おとなしく待ちましょう。


ここで、現状判明している変更点を振り返ってみましょう。


新禁止

 No.16 色の支配者 ショック・ルーラー

  このカードについてはもう語りつくされてる気がするので、今更僕が語るまでもないと思うのですが、ガジェットのころから使われていたルールに干渉するタイプの制圧モンスターとして登場しました。当初はそのエクシーズ素材の条件から出しにくく、さらに、その割に見合わない低スペックなので、使われるとしてもフィニッシャーとしてが主でした。しかし、昨今のペンデュラム環境によってレベル4の大量展開が可能となり、先ほど述べたデメリットが見えづらくなってきました。その中でこのカードは低いリスクで、多くのリターンを簡単にえられるため、禁止になるべくしてなったといえるのではないでしょうか?
 
  このカードの退場により、新たな制圧モンスターとしてスポットが当たるのがナチュルビーストだと思われます。ペンデュラム環境が続くのであれば、魔法を使用不可能にさせる効果は絶大です。今までレベル4×3でショックルーラーだった場面が、ラヴァルバルチェイン+ナチュルビーストになるのかなと安直に考えています。

 またこのカードがいたことによって、使いづらかった罠や、モンスター宣言で敗北を余儀なくされていた彼岸の初期手札モンスターパニックも解決する可能性が出てきました。さらに、魔法宣言されるのが当たり前になっていたので嫌煙されがちだった魔法カードも遠慮なく使われるかもしれません。ただし、ナチュルビーストによってそこは変わらないかもしれません。

Em ヒグルミ

 遊戯王史上最速の牢獄入りを果たしたカード。ターン1制限を付ける効果が逆だとかなんとか散々言われていたこのカードもとうとう使えなくなってしまいました。楽しめる期間限定のカードだったと考えると名残惜しいものです。やはりどの環境も一度きりのものなので可能な限り楽しみたいです。このカードが消えたことにより、俗にいうラスターヒグルミなるコンボができなくなりました。制限でもできなかったのですがw
 さらに、EMEmの耐久力の要でもあったこのカードの消失により、時間稼ぎが少し難しくなり、事故をごまかす力や、環境外への力を失ったように見えます。


Em ダメージジャグラー

  ダークダイブボンバーによってもたらされた暗黒時代にほしかった一枚。存在がアドの塊であり、ライフコーディネーターをバカにしたようなその効果で、おまけのダメージ効果を有する怨邪帝やノートゥングなどを殺してきました。一番大きいのは眼差し回避でしょうか?ジャグラーを打たれることによりアドバンテージに差がつく、スケールをそろえておかないとジャグラーを打たれたときに困るなどといった裏目が消えてしまいました。まだ、タイフーンという裏目は残っていますが、アドバンテージの差が圧倒的に違います。
 また、戦闘ダメージを0にする効果も優秀でクリボーとはなんだったのかと思わされます。これがためにわざわざ、アザトートをエクシーズ召喚してKillに向かっていたのにその手間が省けてしました。
 最後にサーチ効果。上下好きなスケールをサーチできていたこのカードの損失はスケール確保を困難なものに昇華させました 。サーチ先として優秀だったハットトリッカーもサーチできなくなったため、ナチュビの解答が一気に狭まった気もします。


総括

 改定がこれのみだったとして、単純に彼岸1強と考えるのは違う気がします。そもそも彼岸がトップに躍り出るにはあまりに多くの欠点を抱えている現状なので、トップになったとしても引きずりおろされるような気がします。EMも竜剣士も規制を免れており、ここら辺の展開にどれくらい彼岸が追いつけるかどうかが試される気がします。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シュウ

Author:シュウ
遊戯王:バンダイのころからお世話になってます。


ブログのタイトルでたまにわかるようにアニメ・声優好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。