スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すまいる杯 使用デッキ

こちらすまいる杯使用デッキになります。



エクストラの15枚目がデコードトーカーになります。

今回はこちらのデッキを使用し

命削り真竜 後手×先手×

真竜 先手〇後手×ED先手〇

恐竜真竜 先手〇 後手× 先手〇

真竜召喚獣 後手× 先手〇 ED先手×

の結果でした。この×のうち2つがスケール事故に鳥が飛来した形です。明らかな構築ミスがうかがえます。

真竜召喚獣相手に鳥が活躍した場面もありますが(メルカバーへの特攻)、結果的に単なる1:1交換でありますし、そのシングルの結果は負けています。構築に欠陥があったことはお分かりいただけたと思いますので、その話はここまでにしておきます。

(解説)
基本的にデコードトーカー+召喚獣の場を目指します。調弦+何かしらのモンスター(バニラでも可)をペンデュラムできれば、デコードトーカー+召喚獣の場ができます。

1、調弦+αをP召喚

2、調弦効果で何らかの魔術師を特殊召喚

3、読んだ魔術師と調弦で星刻の魔術師をxyz召喚

4、星刻の魔術師の効果でアレイスターをサーチ

5、アレイスターを召喚し、召喚魔術をサーチ

6、アレイスターと星刻とαでデコードトーカーをL(リンク)召喚

7、召喚魔術を発動しスケール先に召喚獣を融合召喚

基本的にはメルカバーを出します。恐竜相手にはカリギュラを出します。

ここに余分に2体レベル4をP召喚できると、ランク4も作れるようになります。

ここの余分枠にHEROを試したりいろいろ試行錯誤して鳥になってしまいました。


(課題)

調弦をペンデュラムしたいわけですが、ここへのアクセスは8枚存在します。しかし、その1枚であるドクロバットジョーカーは上記の目標と矛盾し召喚権を使用してしまうためあまり芳しくありません。

さらにうち4枚であるペンデュラムコールとデュエリストアドベントですが、こちら灰流うららにより甚大な被害を受けることになります。ここが大きな課題であります。このカード次元下でも発動できるため次元の裂け目などをすり抜けていきます。さらに、環境的にほぼすべてのデッキに打ち所が存在するため、多く見かけるという向かい風であります。まさにブッブーですわ(C.V.小宮有紗)

割と新ルールの影響は受けにくいペンデュラムテーマでしたが、十二獣を失い安定性を欠く形になってしまいました。

手法としては強欲で貪欲な壺でうららを使わせるなどが考えられますが、限界があります。なるべくペンデュラムコールに頼らないプレイをしていきたいわけですが、鳥なんか入れればそりゃあ使わざるを得ないわけです。(構築ダメ出し2回目)

(展望)
鳥の枠に代用品を模索しています。またサイドチェンジも含めた安定性を模索していきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シュウ

Author:シュウ
遊戯王:バンダイのころからお世話になってます。


ブログのタイトルでたまにわかるようにアニメ・声優好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。