スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現環境におけるメタビート

そもそもメタとは…その環境のトップデッキor多数派のデッキを対策したデッキとなります。

つまり、現在でいうと 六武衆
           BF
           デブリダンディ
                      となります。

すべてに刺さるカードを考えた結果、魔のデッキ破壊ウィルスとなりましたww(ただ六武衆には、並べきった後では全く意味が無いのですがww)

上の三つに共通に共通することをあげていくと…
 ①特殊召喚の多用
 ②シンクロする
 ③罠が多い…デブリダンディは最近そうでもないですがw基本リミリバが多いですねw
 ④モンスター効果に頼っている
 ⑤墓地利用…六武衆に関しては活人剣術を採用しないタイプが多いので、師範の回収効果に刺さるぐらいですがw

 といったところでしょうか…
 

というわけで、まず、カードの選択から行こうと思います。

 1.特殊召喚メタ

   パキケファロ…すべての特殊召喚に対応できるが、環境はハイビートなので打点が不安なのでサイド候補
   
   ライオウ…特殊召喚ルール効果にしか対応していないが、サーチ封じ効果も有しており、打点も申し分ない

   クリスティア…完全にデッキを選ぶので不採用

   虚無魔人…すべての特殊召喚に対応しており、魔デッキの圏内に入る優秀カード。しかし、重さが気になる

   王宮の弾圧…ほとんどの特殊召喚をこれ一枚で潰せ、永続なので再利用可能。しかし、永続罠ゆえに、サイクロン等で無効化されやすいのと、制限カードなので、引けなかったり、あとあと引くとライフコストがきつかったりする

 2.罠対策

   王宮のお触れ…これ一枚であらゆる罠をすべて無効にできるすぐれもの。しかし永続罠なので、サイクロンに割られたりするので、サイド要員でしょう。

   トラップスタン…お触れと違いサイクロンで無効にされないが、普通に発動すると、アド損。相手の罠にチェーンする形で発動したいが、カウンターにはチェーンできないので、魔法罠を割るブレイカーなどと一緒に採用したい。

   ブレイカー…ミラフォ、幽閉を一方的に破壊できる優秀なモンスター。打点も申し分ないが、効果を使うと心配な打点になってしまう。また、奈落には結局召喚権を奪われることになってしまうので、収縮やトラスタで回避したい。

   盗賊の七つ道具…あらゆる罠を1000ライフコストで無効にすることができるすぐれもの。最近神の宣告の必須化、神の警告のメイン投入など、このカードをメイン投入するための理由は揃えられている。

   魔宮の賄賂…あらゆる魔法罠を無効にできるが、確実なアド損をもたらす。メタビは基本1:1交換でデュエルを進めていくので、あまり採用したくはないカード。しかし、ハリケーンや大寒波などの回避方法としては、一番有効的であろう手段。なので、サイドにいれるのをオススメします。

   サイコショッカー…昔遊戯王の環境を制圧したカード。打点は申し分ないが、重さや魔デッキの圏内にないこと、神の警告、神の宣告にやられることが最近採用されてない理由だと思われる。また、自分も罠が使えないので、返しの強力な効果モンスターにやられることが多いのも原因でしょう。

   砂塵の大竜巻…六武衆の永続魔法も割れたり、エンドサイクのような使い方や、伏せる効果を使うことで次のターンには伏せた罠カードを使うことができる。しかし、サイクロンが準制限なので、サイドに行くことが多い

   撲滅の使徒…伏せカードを除去でき、同名カードもすべて除去できるので、BF要のGBAや、剣闘獣なら戦車、そのほかのデッキなら神の警告や奈落を心配しなくてよくなったりする。また、デッキ確認までできるので、そこから手札を推測することや、動きを推測することができるすぐれもの。しかし、こちらも確認されるので、気をつけなければならない。また、よく勘違いされるが、マインドクラッシュとは違い、その除外するカードが制限だろうが、3枚すでに除外されていようが、関係なくデッキ確認は行う
  
  3.モンスター効果対策
   
   スキルドレイン…準制限で永続罠なので弾圧と同じようなデメリットが存在する。しかし、自分のバルバロスの打点を上げるなどのシナジーも存在するので、強力なカードである。
  
   天罰…大概の効果を止めることができるが、基本アド損である。そのため採用は控えたい。

   死霊騎士デスカリバーナイト…打点も申し分なく、効果モンスターと1:1交換できる。しかし、カエルやカードガンナーにはアドを取られ、D.D.クロウにあっさりやられるなど、もろい点もある。また、自分の効果モンスターにも反応するので、シナジーを考えたい。

   禁じられた聖杯…ダメステにも使用できる利点もあるが基本アド損。また、打点も挙げてしまうため、バルバロス等が入っていない限りは採用されないだろう。

  4.墓地利用封殺
  
   霊滅術師カイクウ…墓地を除外しつつ、相手に墓地を除外させないという鬼カードwダムド効果封じ、墓地BF封じ、カオスソーサラー封じ、D.D.クロウ封じができる。しかし、打点が今一つであるためあっさりやられやすい。
   
   閃光の追放者…カルート、オネストを封じつつ、墓地にモンスターを送らせないという鬼カード。しかし打点が不安要素。

   次元の裂け目…閃光の追放者と同じ役割を果たす永続魔法カード。しかし永続なのでサイクロン等に弱く、魔法カードなので事故要因になりやすい。

   D.D.クロウ…墓地利用カードを手札から止めれ、奇襲性のあるカードである。しかし、GBAのあるBFと違って腐りやすい。基本サイド要員である。

   光の追放者…守備が2000あり表になるダメステではカルートを使うことができないため完全にカルートで超えることができない。スノーマンとどちらがいいのか個人的に検討していますw


とこんなところでしょうか。まあ、ここから考えてデッキを作って行こうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

参考になりました
ありがとうございます
やはり今の環境だとそうなりますよね。
俺は効果封じのためにアド損かもしれないですがヴェーラーを採用しています
チューナーなのでシンクロもできますし

No title

<<太子さん

 確かにヴェーラーは有効な効果対策手段ですねw忘れてましたw

 基本アド損なのであまり好きではないですが、邪帝やトリシュ、またカゲキ効果を止めることもできかつ、腐ったらチューナー運用といろいろ用途がありますねw(良くゴーズやカイエンとシンクロ→スクラップになることが多いなw)

貴重なご意見ありがとうございます。
プロフィール

シュウ

Author:シュウ
遊戯王:バンダイのころからお世話になってます。


ブログのタイトルでたまにわかるようにアニメ・声優好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。